このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Blog

  • Share on Facebook
  • Twitter
  • tumblr
  • google+

第13話!!

皆様!こんにちぱー!!

 

町の灯りが奇麗に見えすぎて涙が止まらない漢こと...ヤマケンです。

 

5SecondsApp

只今、大富豪の舞を披露中でございます...(画像をクリック!!)

 

現在DRADNATSは絶賛曲作りに爆走中でございます。

 

早く皆様に聴いていただきたいですね。

 

そーですね!

 


さてさて、こないだテレビを見ていて、

 

地上うん百メートルで命綱、安全ネット無しの綱渡りギネスに挑戦ってのを見ました。

 

ぶっちゃけ何でそんなことやる必要があるのかはよくわかりませんが、なんだか見ていてすごく感動した。

 

それは多分、挑戦している人が自分の命をかけて何かを達成しようとしている姿があったからだと思う。

 

なんだか自分自身とかぶってしまったのかも...(かっこつける言い方だけどw)

 

もちろんバンドは失敗しても命は落とさない。

 

でも気持ちとしては本当に命をかけてやっている。

 

たまに言われるんだけど、

 

「いい歳してバンドよくやるね。」

「いつまでバンド続けるの?」

 

それはオレにもわからない...

 

ただ言えることは、命には限りがある。

 

もっと言うと人間誰しもが、いつ死ぬかすらわからない。

 

明日にはDRADNATSができなくなってしまうかもしれない。

 

そんなことを考えていると、ものすごく怖くなってしまう時がある。

 

 

確かにバンドは楽しい、自分のやりたいことを命がけでやれてるのは恵まれているとも思っている。

 

でも、本気になればなるほど、命をかければかけるほど、楽しさと同じぐらい、怖くなる時もある。

 

 

それって、少しだけど綱渡りと似ているのかも...(綱渡りやったこと無いから何とも言えないけどw)

 

 

これはネガティブなことでは決してなくて、それぐらい日々、「目標」「夢」に向かってポジティブな意味で自分を削っているということのような気がする。

 

何かを始めて、何かを達成する。

 

そして達成したらまた次に向けて、また歩き出す。

 

生きるってその繰り返しじゃないのかな...

 

 

そりゃオレだって楽したい。

 

できることなら苦労なんてしたくない。

 

もっと言うと、苦労なんてしなくていいとまで思っている。

 

ただ苦労はしなくていいけど、努力は絶対にしなくてはいけないと思う。

 

 

「苦労」と「努力」。

 

費やすパワーは同じでもなんか「努力」の方がポジティブな気がしませんか?

 

オレはそう思ってます。

 

 

そして、

「諦めなければ...必ず...夢は...」

 

オレはまだそれを言える立場にいないと思っている。

 

それはまだ夢を叶えてないから...

 

 

だから、オレは夢に向かって苦労はしないけど、努力は率先してしていこうと思います。

 

 

これぞまさに「エンドレスサマーデイズ」!!

 

 

どこまで半端ねーんだ。