このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Blog

  • Share on Facebook
  • Twitter
  • tumblr
  • google+

第35話!!


皆様!!こんにちはん!!

 

棚の上の荷物を取ろうとしたら、両肩がツッて悶絶しながら、「助けてください」と家の中で叫び続け、世界の中心は我家な漢こと...

 

 

ヤマケンです。

 

 

IMG_2933

完全にサマーデイズモードに入っております!!ゴールデンウィークよりオレの方がゴールデンだ!!

 

 

5月に入りましたね。

 

今年も衝撃的スピードで毎日が進んでる気がする...(充実している証かな...w)

 

DRADNATS、5月のライブは...

 

打ち上げでのあっちゃんをコントロールできる数少ないバンド...

COUNTRY YARDのレコ発ツアー”Bows And Arrows Tour”に呼んでもらい、水戸、稚内、旭川、帯広、札幌と行って参ります。

 

そして、DRADNATS初出演となる、SECRET7LINE主催のフェス...

 

「THICK FESTIVAL 2015」

DRADNATSの出演は24日です!!

 

COUNTRY YARDもSECRET7LINEもほぼ同世代だし大切な仲間。

こうやって呼んでくれるのは本当に嬉しい!!

 

5月も最高なライブが目白押しですので、お時間のある方は是非足を運んでください!!

6月のライブ情報もアップされたので合わせてチェックよろしくお願いします!!

 

チケット情報など詳しくはこちらをクリック!!

 

 

 

さてさて、本当に最近天気がいいっすね。

「もう夏?」

って思ってしまうほど。

 

実はサマーデイズ、サマーデイズ言ってる割には暑いのは苦手な部類に入るんだけどねwww

 

今年の夏の目標は、夏を心底好きになる事...にしておこう...

 

 

でも、暑くなってくるとオレの大好きなものが帰ってくるのだ!!!

 

なにかって??

 

 

そう!!

 

 

「スイカバー」

 

 

これがオレは好きすぎるのである。

 

 

そこでスイカバーとの思い出を少々。

 

ヤマケン少年9歳~12歳の頃...

 

当時オレは地域の子供会的な集まりの野球チーム所属していた。(ほぼ強制的に入れられる)

 

通っていた小学校の学区内の地区に分かれてチームがあり、夏になると毎年トーナメント方式の大会があるのだ。

 

そんななかオレが所属していたチームは昔から、練習がハードでコーチ陣(近所のおじさんや、友達のお父さん)がやたらと厳しい事で有名なチームだった。

 

他のチームはそんなに厳しくはなかったらしいwww

 

 

小3年生からチームに入るのだが、中学年だろうが高学年だろうがおかまい無し!!

平気でバットが飛んでくる...(今だったら大問題だろうなw)

 

本当に練習はキツかったのをよく憶えている。

 

その代わりかどうかはわからないが、チームは意外と強かった。

 

練習がキツすぎて(むしろコーチが怖すぎて)行きたくないと思った時もたくさんあった。

 

でも練習は絶対に休まなかった。

 

 

それは何故か...

 

 

そう!!

 

 

練習終わりにスイカバーをもらえるから!!

 

 

ヤマケン少年には当時スイカバーが本当に高価でこの世で一番美味い夏のお菓子だったのだ。

種をモチーフにたチョコをずーっと舐めていた気がする...

 

その時から、約25年...

 

今でも夏になるとスイカバーを探し、食べてしまうwww(今はもう種は舐めません。)

 

 

キツかった思い出の方が多いはずなのに、スイカバーのおかげで完全に美しい思い出になっているのが、自分で言うのもなんだがつくづく単純な男だと思うwww

 

 

今年ももうちょいしたらスイカバーが店頭に並び始める。

 

楽しみでしかたないわ!!!

 

 

ちなみに私、

 

 

本物のスイカは...

 

 

大っ嫌いです。

 

 

どこまで半端ねーんだ。